twitter

uniqlo

無料ブログはココログ

nike+

アディダスランニング共和国

« いろいろとやってくれるよ、まったく | トップページ | 新たなるチャレンジ »

2009年5月 4日 (月)

戦い終えて

 厳しいレースになると予想していましたが・・
ん〜、第4回日本グランプリ・静岡国際陸上の
サブイベント小学生男子1500m走決勝を終えました。

 金曜日の学校行事(ペア遠足)で思わぬ怪我を
してしまい、動揺して精神的ショックを受けた息子
は何とか立ち直ってきたものの、今度はレース展開
の不安からプレッシャーに押しつぶされそうになって
いたようです。

 怪我した金曜日は軽めのジョグで終えて打撲の
様子をみましたが、土曜日に腫れもなく少し違和感
が残る程度でしたが・・・

 10分ジョグ(約1800m)を1〜1.5分のリカバリー
を挟んで3本。
 100mくらいの軽めの流しを5本
 200mのダッシュを3本

をこなせた故、打撲の怪我はほぼ問題なし。残すは
高速レースの対応。

 恐らく最初の1周(400m)を72秒で入ってくる
と僕もコーチ達も予想していました。それについて
いくとバテてしまうから、遅くとも78秒で入って
くるように指示。それから先は先頭集団に引き離され
ないようについていくこと。

 3日のレース当日。緊張すること半日・・・。
朝の体操ジョグやレース前アップジョグ、とにかく
不安なことばかり言っている(脳が弱気になっている
ことになっているね)。

 いざ、レースになってみると、予想通り高速レース
の展開。トップ集団は72秒で入ってくる。息子は
後方に入ってしまい78秒で通過。2周目は落ちて
くるやつがちらほらいるのですが、さすがに居ない。
それでもなんとかくらいついて2周目は81秒で通過。

 ここらあたりでトップ集団が形成されてしまい
息子はついていけなくなってしまった。トップを
引っ張る連中はビルトアップ気味に周回を重ねて
いる。上位5〜6人は5分を切ってしまうペース。
ちょっとこれは予想外。

 3周目はぐっと落ちて86秒。それでも1週間前
のレースに比べると幾分速い。残り300mで

 『あと300m〜〜。全力でいけ〜〜』

とトラックに響くように声かけ(笑)。しかしペース
も上がらず、66秒でフィニッシュ。

 手元の時計で5分10秒91。正式には5分10秒77
1週間前のレースより7秒程縮めて自己ベスト更新
しましたが、順位は12位/16人。上位7位までが
5分以内。トップは4分46秒。残り300mからの
スパートが素晴らしく、相当走り込んでいるのが
分かる。エコパスタジアムという高速レース展開に
なると予想していましたが、これほどまでのレース
スピードになるとは思っても見ませんでした。

 息子にしてみると何とか8位入賞を狙っていた
ようでしたが、甘かったですね。後半失速の理由
を聞いたら

 『3周目から足が重かった。前に行きたくても
  足が動かなかった』

もしかしたら金曜日の怪我をしてから調整メニューを
変更したからかな〜、と思ったりしました。土曜日
の練習の疲れ!?が残ってしまったか。僕としては
あんまりいい条件が揃っていないにもかかわらず
それなりに自己ベストを更新してきているから、
その事は褒めました。やってきていることは決して
間違いはないよ、と。ゆっくりでも地道に走り込まない
と結果は出ない・・・。

 ちょっと寂しかった息子の国際陸上でしたが、
サブトラックでアップジョグしていたら、朝原選手
がスーツ姿で現れたので、それを見て少し興奮して
いました(笑)。

 『あ!?朝原だ!。』

僕「お!?なま朝原だね、略して<なまあさ>(笑)」

200mの高平選手にサインをお願いしたり、福士選手
を探し求めて追っかけたり・・・。それなりに楽しん
でいました。

 僕は<生福士>を見ました!。ワコールのウエアー
を着て、エコパ周辺を走りに行き始めました。うぉ〜
かっこいいぜ、なまふく!。

★めがきゅ〜な人★

090503_093401

« いろいろとやってくれるよ、まったく | トップページ | 新たなるチャレンジ »

コメント

息子さん、無事に走れてまずはよかった!昨日、うちはGWの渋滞の中遊びにwwでかけていたのですが、レースのことを思い出して長男に話していたんです。(アクシデントのこととか・・・)どうなったかな?って昨夜見に来ちゃいました。自己記録を7秒更新・・・レベルが高いと一気にそんなに更新できるものなんですね。驚きです。思うのですが、小学生はまだ体の完成度にばらつきが大きすぎますから中学での戦いへの布石としてはよかったのではないでしょうか?私は末續選手のファンですww

★balenaさん
 コメントありがとうございます。とにかくプレッシャー負けというのもありましたよ。緊張しすぎて自分に負けてしまった面もありますが、これもいい経験じゃないかな、と思います。仰るとおり現時点でのトップクラスの連中は身体が小さくて軽そうです。しかし中学生になってくるとがっちり体型にならないとまず勝てない。ピーキングをあまりにも早く持ってきてしまうと記録が伸びない悩みになってしまいます。今は「それなりに」速ければいいかな、と(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207770/44890386

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い終えて:

« いろいろとやってくれるよ、まったく | トップページ | 新たなるチャレンジ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック